ご来店有り難うございます。美&愛(B・AND・AI)は、お客様の素敵な「きものライフ」のお手伝いが出来ますよう誠心誠意勤めさせていただきます。

楽詩帯って何
楽詩帯の作り方
楽詩帯の装着方法
楽詩帯Q&A
モニターの声
ご購入フォーム
和装小物
きもの入門
きものQ&A

 


 
《誰でも安心、帯が簡単に結べます----贋ン代の楽詩帯

初めてのお出かけシーン《披露宴》

[披露宴] [オペラや観劇] [紬で行く集いや食事会] [まとめておさらい]
披露宴に出席するときには、どんなきものを選ぶとよいでしょうか?
結婚式や引き労円などの婚礼の場には、まず自分の立場を考えます。親族なのか、会社の先輩か、友人かなどによって着るきもののタイプが変わります。また自信がミスなのかミセスなのかにもよります。現代の婚礼では、主に仲人夫人、新郎新婦の母、既婚女性の親族が第一礼装として黒地に裾模様を表した黒留袖を着用します。また同様に裾模様で、黒以外の地色の色留袖は、既婚女性だけでなく、未婚の女性も礼装、順礼装として着用します。婚礼では、振袖を卒業した未婚の姉妹や親族なら色留袖を選んで。友人など親族の立場でない場合は、訪問着がお薦めです。一つ紋を付けておけば順礼装となり、婚礼や重い茶会など、格式のある場に着用できます。柄はお祝いの場にふさわしい吉祥模様の古典柄がお薦め。流行に左右されず、長く着られます。
訪問着に使われている生地の種類を知りたいのですが
しなやかな絹の風合いと美しさを実感することができるきものの生地。現在、訪問着の染め下地によく使われているのは、紋意匠ちりめん、古代ちりめん、一越ちりめんなどのちりめん地や、紋綸子などの綸子地、五枚繻子(しゅす)などの繻子地です。華やかな場面に着用する訪問着の染め下地には、鮮やかな彩色の模様や金箔や刺繍などの加飾加工をしやすいような生地を用いるため、地紋のない無地生地が多く使われています。
訪問着にはどんな帯を合わせるとよいのでしょうか
初心者にとって最大の悩みは帯合わせではないでしょうか。披露宴に行くときに着る訪問着に合うのは、金糸や銀糸を使った各庁のる古典模様の袋帯です。袋帯は二重太鼓に結べる長さがあり、主に袋状に織られたことからこの名があります。日本の古典模様とは、各時代を経て様式化された模様をいい、その範疇は大変広いのですが、共通するのは、吉祥性があることです。吉祥とは「よいきざし、めでたいしるし」という意味で、それを表した模様の総称を吉祥模様といいます。具体的には、鶴、亀、鳳凰、瑞雲、宝尽くしなど。松竹梅をはじめとする四季の草花も、その生命力を尊いものとした吉祥模様です。柄選びの基準はきものにも共通します。
訪問着にはどんな帯〆、帯あげを合わせるのですか
第一礼装に準ずる順礼装として着こなす訪問着に合わせる帯〆と帯あげは、品の良いものを選びます。帯〆は金銀を組み込んだ平組や丸組、留袖に合わせる白一色や白と金銀、金と銀の水引きも格調高く合わせることができます。帯あげは、淡色の紋綸子地の中抜きの絞りや柄紋り、金糸入りなどが合います。改まった感じに装いたいときは白地を。
伊達衿の合わせ方がよくわかりません
きものを重ねて着ていた「襲(かさね)」の頃の名残で、改まった気持ちを表す装いとして、留袖は比翼仕立てといって衿と袖、裾部分の見えるところだけを、下にきものを重ねているように白羽二重で仕立てます。そして比翼仕立てではない礼装のこものには重ね衿をつけて、あたかも二枚重ねて着ているように見せます。この衿のことを伊達衿とよんでいます。こもの姿を格調高く、華やかに演出しますので、振袖や訪問着、紋付の色無地や江戸小紋までの晴れ着に合わせて用います。使わない場合もありますが、披露宴などに準礼装として訪問着を装うときには付けるとよいでしょう。より格をもたせたいときには、白の伊達衿を合わせることも出来ます。小紋や紬などの街着には合わせません。何色の伊達衿を合わせるか迷うところですが、きものの地色の濃淡で選ぶと間違いありません。また地色とアイショウノい別の色を添えれば、衿元のアクセントになって華やいだ雰囲気が加わります。
披露宴などに着る訪問着にふさわしいぞうり、バッグ、指輪とは?
 洋服で披露宴に行くときにはバッグや靴も普段使いのものではなく、パーティ用を選ぶはず。きもののときも同様です。ぞうりは、フォーマル向きのタイプの、エナメル製や佐賀錦、つづれなどの布製で、金や銀、白に金や銀の配色などのものが間違いありません。訪問着なので、品の良い淡い色でも大丈夫です。パンプスのヒールと同じで、4〜5cmの高い踵がフォーマル向きです。バッグはパーティ向きの小さめな布製がお薦め。きもの用にこだわることなく、洋服と兼用でかまいません。指輪は唯一のアクセサリーです。信者やダイヤなどでベーシックなデザインのものなら自分の趣味で選んでよいでしょう。
訪問着の半衿は白が基本。足袋は白が決まり。ピアス、時計は自分の判断で
半衿はもともと、長襦袢や襦袢の衿に掛け、装飾としたものです。生地は塩瀬羽二重、ちりめんなど。初心者が準礼装として装う場合は白塩瀬がお薦めで顔映りも良く、改まった印象になります。一方、足元の和装小物は足袋。女性の場合は礼装から街着まで、白の綿キャラコが主流でお薦めです。色柄ものは街着にのみ合わせます。また、腕時計は現代女性には欠かせないアイテムです。着ける場合には、きものの装いのバランスを壊さないように華奢なタイプを選びます。または、懐中時計を持つのもよいでしょう。ピアスは婚礼の場では、はずしたほうがベターでしょう。